女性の扁桃腺月経期保健8個の心得に注意して

女性の月経期保健の重要な期間を経て女性はすべてどれらの注意事項が知りたいのですか?

女性の月経期間は体が最ももろくて弱い時、この時の抵抗力が弱く、気をつけないと自身の養護なら,扁桃腺、いつでも可能性があるいくつかの病理が落ちるよういくつかの婦人科疾患.そのため、女性の月経期保健は重要です.では、女性が得意としている間にどんな注意事項があるか知っていますか?次、私たちは一枚に来てみてみて.

(いち)の食が節:月経、月経の消失、もっと必要十分な栄養;飲食宜あっさりは温和で、容易に消化できない生ものを食べ過ぎて、寒が血を凝、引き起こしやすい生理痛や月経過多またはが突然途切れなど.食べ過ぎていない香は、子宮出血、子宮出血.お湯をたくさん飲んで、果物、野菜、ウンチを保つには.

(2)に清潔衛生:月経を保つ陰門は清潔で、毎晩ぬるめのお湯を洗う陰門はするべきで、洗ってお風呂や坐浴べきで、シャワーをいい、ナプキン、紙のやわらかな清潔、最高の高圧消毒(商品市販)使用;月経帯,パンツを洗って、まめまめ、垢を軽減するために血陰門や太ももの内側の刺激、洗った後にお湯にやけどをして、そして太陽の下で乾かして予備;月経マット宜用の消毒スカーフやトイレットペーパー.大便の後を拭くように入って昔、盗品膣内子宮膣炎や炎症を起こす.

(さん)調節情志:情志異常は重要なリスク要因の1つで、精神の情緒は月経の影響が顕著に.だから月経期は一定の感情は安定して、気分はすっきりして,不良刺激を免れないで、月経がないことを防止します.

(よんしよ)切り替え:月経可通り仕事、学習に従事して、普通の体力労働、骨盤内の血液循環を促進することができて、軽減腰背痛や下腹が調子が悪くて、避ける重労働と激しい運動、過労による過度によって骨盤充血、過多月経、月経の延長や腹、痛い腰の酸っぱいなど.そして必ず十分な睡眠を維持し、非常に精力.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です