痛み止め症に関する扁桃腺常識

鎮痛化症片を信じて、多くの女性の友達は理解して,扁桃腺、このように使って女性の婦人科疾患の治療上の、だから多くの男友達がよく分からない、ラインの表面の紹介について鎮痛化症片の常識を覚えて欲しい.

成分:党参、黄耆(蜜あぶる)、白朮(炒め)、丹参、当帰、ムラサキナツフジ、三棱、ガジュツ、オニバスの実、山芋、エゾエンゴサク、川楝子、ドクダミ、败酱草、ムカデや全蝎、オサムシ虫、焙じたショウガ、シナモン.

性状:本品をフィルムコート片を除いて、コーティング後顕銅色~黒褐色、ガスのほのかな香り、味の苦しみ、マイクロしょっぱい.

機能担当:血行をよくすること调经化症、鎮痛、柔らかい堅散結.症瘕蓄積され、生理痛閉経、赤こしけの下や慢性骨盤炎など.

p仕様:1枚の重さには、Pp用法用量:経口.一度4-6錠を1日2~3回.

不良反応:個別の患者は本品を服用してから、頭がふらふらしている症状があり、中には口の中にいることと胃の調子が悪い.

p禁忌:妊婦忌む.

ご注意事項:妊婦忌むは、医師に指導して下さい.

また、他の薬と併用すると、薬物相互作用が発生する可能性がありますので、詳しくは医師や薬剤師に相談してください.

p貯蔵:密閉保存.

鎮痛化症的血行をよくすること调经化症、鎮痛、柔らかい堅散接合効果.症瘕蓄積され、月経困難症閉経,赤こしけの下や慢性骨盤炎など.子宮内膜炎とは、子宮内膜、卵管卵巣膿瘍,骨盤腹膜炎.炎の部位にとらわれ、同時にまきぞえにするいくつかの部位で、最も多いのは卵管炎、卵管卵巢炎.骨盤炎が多発性活発期には、月経の初潮前、閉経後の女性や未婚者が少ない発生骨盤炎.骨盤が発生した場合には、隣接器官が炎症の広がりがちです.)

鎮痛化症への女性の病気の治療はとても大きい助けがあったのですが、薬は毒なので、生活の中で服用する時も気をつけて、薬を飲まないの時は食べないでください、女友達はきっと注意し個人の衛生、まめに着替えパンツ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です