Dの扁桃腺D補は多すぎることに“心を傷つけます」

ビタミンD最大の功労は細胞の健康と骨の新陳代謝を維持して、生長の発育の必要ですが、しかし、食べ過ぎて、過ぎ過ぎて,過ぎて、多くの体に対して不利になることを知っています.近日、アメリカ心臓協会が発表したある新しい研究によると、ビタミンDを誘発し高易不整脈.これまで多くの研究によると、ビタミンDの人の易は心臓病や脳卒中で、アメリカユタ州マレー医療センター電気生理学研究所のこの新しい研究によると、ビタミンDの含有量は通常よりも高い値の時と同じ損害の心臓.心臓の鼓動のリズムが加速して、心房の震えの発生率を増加することができます.体内でビタミンDの正常な範囲で41~はちじゅうマイクロ?グラム/分升の間.同研究担当者贾里德博士は、ふだん毎日半時間太陽に当たって,多く食べてビタミンDの食品例えば深海魚,扁桃腺、キノコ、動物の肝臓、卵、牛乳などを得ることができる毎日必要量.体内に不足している場合は、経口ビタミン剤の向上、骨と心臓を守るために.サプリメントを飲む時に最も定期検査、血液中のビタミン含有量以上なら、はちじゅうマイクロ?グラム/分升止まって服が必要.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です