警戒する!過度扁桃腺にコーヒーを飲み易致骨粗鬆

今回の調査の人で26.32%にじゅう~29歳、68.42%さんじゅう~39歳で、中で靑年が多い.南方の医科大学の中西医結合病院整形外科主任徐洪璋分析、骨粗しょう症の主な特徴は、骨の強度が落ちを含む(骨量の低下、骨マイクロ構造破壊),骨折リスク性増加(すなわち骨脆性増).骨の強さは骨格の2つの方面に反映して、即ち骨鉱密度と骨の質.自分は骨格が傷つきやすく、骨折の現象、痛み、猫背、身長低下など骨粗しょう症の特徴性表現時、骨密度、骨粗しょう症.調査によると、78.95%被験者にも骨密度の行為は定期測定.徐洪璋ヒントは、多くの骨粗しょう症早期症状がないし、骨密度の測定は早期診断骨粗しょう症の最優秀根拠.人の一生の中で獲得した最高骨量一般さんじゅう~35歳、その後骨から紛失.そのため,扁桃腺、35歳以上の骨粗しょうハイリスク人が、定期的に骨密度検査を行うため、早期予防、早期予防、早期治療を実現.多くの都市ホワイトカラーはコーヒー、飲む渋茶の習慣がありますが、実際にコーヒーやお茶を飲むと、骨粗しょう症になりやすいリスクがあります.徐洪璋、カフェインはコーヒーと濃いお茶の中で、過剰摂取後軽度利尿作用を生むことができて、尿量の増加が増えて尿カルシウム排出、糞カルシウム排出を引き起こし、骨粗鬆.また、炭酸飲料には、リン酸、カルシウムの吸収,カルシウムの吸収、カルシウムの低減、カルシウムの吸収を加速することができます.また多くの飲み物はあめが多く、糖分もカルシウムの吸収に影響するということです.そのため、骨粗しょう症予防、飲食には、飲み物、渋茶、コーヒーなど飲み物、多く野菜果物、ビタミンDとカルシウムの豊富な食べ物を多く食べています.

市販販売情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です