竹の扁桃腺家具はワニスと白蟻とシロアリを塗る

概観内容:普通の竹製家具は乾燥、通風の場所に置かれている.湿っぽい、暗いところにおいて、湿度に微生物繁殖に有利、カビが発生しやすくなります.例えばキャビネット、本棚、リクライニングなど大きな竹、ふだん取り除いて隙間の盗品し、清水できれいに洗い流し、干し.竹製家具の保養は、寿命の延長を延長することです.衣魚とシロアリは竹製の家具最も危険な敵です.竹はセルロース、半繊維素、木質、糖、脂肪、たんぱく質など、これらの成分は衣魚やシロアリなどの昆虫の栄養物質だからだ.だから、竹製家具を使う時、一定の措置を取って虫食いを防止して、竹製家具の使用寿命を増加することを防止するために、虫食い家具の使用寿命.新規購入制の中小型竹かご、ござなどなどの製品は、最高の経の高温処理密封蒸気重蒸し.蒸し2~3時間、徹底的な竹に秘めた昆虫、微生物を殺す.お湯を加えても利用できる一定数量の食塩を竹に1 –
2日も、虫食いの発生を防止する.普通の竹製の家具は乾燥、通風の場所に置くべきです.湿っぽい、暗いところにおいて、湿度に微生物繁殖に有利、カビが発生しやすくなります.例えばキャビネット、本棚、リクライニングなど大きな竹、ふだん取り除いて隙間の盗品し、清水できれいに洗い流し、干し.特別な竹製の器具に対して、更に洗浄して,干して干して,扁桃腺、乾燥して、風になって保存して保存して保存する.普通の竹製家具はワニスを塗って、熟桐油を塗って、桐油.ここは防虫,長持ちし美観は一挙に多い事.虫食いの発見は以下の方法を採用することができて、駆虫:は尖唐辛子あるいは山椒の適量、つぶし成末、詰めに虫食い穴をお湯で衝注、殺虫剤の作用、虫食い蔓延防止;2は燈油や入微量ジクロルボスつり合いがとれて、滴に虫食い穴にも、殺し滅キクイムシ.適用が不適切にかご、キャビネットなど食べ物の竹を保管して、事故の発生を防ぐため.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です