歳月は長い、扁桃腺時間は静かで良い

pの歳月は、淡い思い出になるの?風は針路に迷いましたか?歳月は思い出にまだら、風は、歳月の手は思い出に魂を入れ、また、思い出を、歳月に思い出にさせるか、思い出と軽風に永遠に存在しているか、ということである.

靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春心が日向からかもしれないでしょう、いつしか影に映った柔波に、印に誰の家の少年少女を取って.光の実直少年少女の顔が映って、印に入った夕陽柔波に遠ざかる……また、お互いの心の間,扁桃腺、妄想時永久不変、歳月は今瀋殿に塗って取れない色を瀋殿.

突然の、熱いと惨めから頬に落ち、幸せ?あの惨めなぜ来混ぜ返す?

靑春靑春靑春靑春靑春靑春

靑春は、靑春のためには、流れる、瀋殿必要があります.若さの活力には復元できない傷があるのか?傷口には思い出が湧いて、まもなく過ぎていくように、永遠に連休なし、これこそが靑春瀋殿の結果ではないか.

歳月常、なぜ靑春は老いて大幅に?歳月の瀋殿物の多い、断じて行えば鬼神も之を避くの力が,傷跡が多すぎて、大胆に未知への歩みは少なくなり、老いも顕のあるべきか歳月ができなければ、いい思い出を瀋殿様子,振り返ってみると何恋之がありますか?風を見失うなら針路を、未来何念可し.

の道のりは、時間は水のように、長い長い道を尽くして、結局、時間は水のように、最終的に長くて流れ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です