平凡な人の扁桃腺話

私は平凡な人、母のおなかに誕生から、自分の意識を知らないかもしれないが、自分で自分の母のおなかにとは何か、自分がなぜ存在抹消されたが,扁桃腺、記憶力は何を忘れさせてくれる、当時の自分の記憶、私はたくさんの狂気の念を見て、10万のなぜ、しかし誰が私達を知っているのどうして何十万.

p>と<私が書く小説の時に、私は触れない私たちは触れない分野、私はこの本を書くことができないのはとても良くて、私はこの本を見たい人は、それぞれの分野を言って、それぞれの感じ、私は多くの人はすべてお金のために過ごしたくない一生、友友達、なぜ私たちはいつもで縛られ、死のその日、恐怖を感じ、またいくつの人が死にたい、この社会は本当にとても腐敗、どうして私達に従って、私たちを守って、私達はどうして勝手にして、多くの人によると,約束なければ、世界傷だらけになるのだが、あなたは本当に自分の考えがないですか?

いじめられ、他の人の足を石、私たちは中国の文字は奥深い,私ではない多くの明確な言葉って1段の牛強いるの話で、あれはどうだろう、どうしてこんなに大勢の人がこの世界に批判されて、私はたくさんの人が世界に縛られ、私たちの持っている無上の潜在力を奪って、あれらの人を持って、私たちは普通になって、卑しい!私はとても言いたくて、あれらの人の言う堂堂はすべて平等で、友達はあなた達は見てみて、私達は平等ですか ?なぜ私たちの笑顔を奪われたのか、なぜ私たちの笑顔を奪われたのか.

私は私には不服です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です