扁桃腺が腫れる原因について

風邪を引く前に、扁桃腺が腫れる人も多いでしょう。扁桃腺の腫れや痛みは、繰り返しやすい症状だと言われています。毎回扁桃腺が腫れてしまうと、生活に支障をきたしてしまうでしょう。
扁桃腺の腫れは、主に「過剰なストレス」が原因になっています。人間は生きている限り、ストレスを抱え込んでしまうものです。上手にストレスを解消していけば良いでしょう。
しかし、ストレスをため込むと自律神経のバランスが崩れます。体が緊張状態になる交感神経が発達するでしょう。リラックス効果のある副交感神経が弱まってしまいます。
また、過剰なストレスだけでなく、日々の疲れも悪影響になるので要注意です。不摂生な生活ばかりしていると、徐々に免疫力が低下します。
免疫力が低下すれば、そとからやってくる菌・ウイルスに対抗できなくなってしまうのです。扁桃腺に炎症が起き、赤く腫れあがるでしょう。
扁桃腺の晴れは、急激な気温の変化も影響しています。最近は、急に熱くなる、寒くなるなど、気温の変化が激しいですよね。気温の変化が激しくなると、私たちの体がついていけなくなってしまいます。
気温の急激な変化についていけず、風邪を引いてしまうのです。風邪が原因になり、扁桃腺が腫れます。空気の刺激によって、扁桃腺が腫れることを覚えておいてくださいね。
空気の刺激は、気温の変化だけではありません。タバコの煙によっても、扁桃腺は大きな刺激を受けます。タバコを吸う人はもちろん、吸わない人もタバコの煙を吸ってしまうでしょう。
タバコの煙は、のどに大きな負担を与えるので要注意です。