どんな情況下に、扁桃腺を切除することを考慮することができる?

どんな情況下に、扁桃腺を切除することを考慮することができて、人体に対して防衛機能は決して明らかに妨害されないですか?

1、成年の人の扁桃腺のすでに完成しするためあるいはそれの「歴史使命」を基本的に完成して、萎縮時期に入って、その防衛の役割はすでにさらに重要ではないです。 ですから、20歳あるいは25歳以上は、慢性扁桃炎を患う時に切除することができます (あるいは焼灼する方法を採用してそれで手術で切除しなくて、入院する必要がありません。)

3歳の(最高は6歳です)以上の児童は、もし扁桃腺は3度腫れていて大きくてかつ、平常に喉の痛みと発熱を患って、扁桃腺炎急性発作が毎年2回以上にあれば、切除することを考慮することができます。たとえも扁桃腺は依然として少しの役割は、ただ繰り返し発作急性扁桃腺炎に対して、扁桃腺切除後はいっそう安全です。 もし扁桃腺炎の繰り返した急性発作は、さらに容易に上記の併発症を引き起こせば、より大きいことに危害を与えます。 これ利益と害と互いに比較判断して、利が大きい害の軽い策略を利することを取る、いわゆる「損なら軽いほうをへらぶ」というものです。